スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナミブ砂漠2日目。

砂漠から朝日を見るために、朝早起きして出発です!

・・・と、張り切ったものの、
ゲートがしまっていて、入れず。。。

でも、アフリカだもの。
そんなこと誰も気にしません。

ゲートが開くのを待つ間に、
86歳のおばあちゃん(グランニィ)と、
一緒に旅行しているお孫ちゃん(グラン29歳)と一緒に写真をぱちり。
s-DSCN2529.jpg

みんなでわーわー遊んでいるうちに、やっとゲートオープン。

おおおー。うわさどおりの赤い砂漠があるよー。
と記念にぱちり。
s-DSCN2542.jpg

朝日には間に合わなかったものの、じゅうぶん素敵な砂漠です。
s-DSCN2574.jpg

s-DSCN2584.jpg

登ってみました。
s-DSCN2602.jpg
はぁはぁはぁはぁいいながら、いくつもの砂漠を登りました。
当然、駆け下りたりもしてみました。
ごろんごろんもやってみたかったけど、
砂まみれになるのがいやで、あきらめました。

はしゃいでみました。
s-DSCN2646.jpg

ワールドワイドな同じツアーの仲間たち。
s-DSCN2585.jpg

「ナミブ砂漠はあんまり期待しないほうがいいよ。」
とか、
「ツアーより、仲間をみつけて、レンタカーで行ったほうが楽しいよ。」
とか、
いろんな話を聞いていたけど、
ちょー楽しい。

いやー。
高かったけど、来てよかった!

しかも、ツアーの人たちがみんないい人たちばっかりで
ほんとによかった!

夜はみんなでゴージャスな夕食をいただき、
シャンパンを飲みながら、ビリヤードを楽しむ。。。
という、なんともアフリカらしからぬ雰囲気。
いやいや、こういうのもいいもんですな。

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

ナミブ砂漠ツアー1日目

朝、8:30に宿までお迎えに来てもらって、
ナミブ砂漠へ向け出発!

ツアー参加人数はなんと13人!
最高齢はなんと86歳!
一番若い子は、20歳。

途中、「バスの後ろの窓ガラスが砕け散る」という、
アフリカっぽいアクシデントに見舞われるものの、
無事、キャンプサイトに到着。

キャンプサイトからみた空。
s-DSCN2506.jpg

明日からが本番です!

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

大都会ヴィントフックに到着。

ゴージャスなバスは、
当然のように、何の問題もなく、
しかも遅れることもなく、
ナミビアの首都、ヴィントフックに到着。

大都会です。

ジンバブエの首都ハラレに着いたときも、
ザンビアにはいったときも、
都会だなって思ったけど、ケタが違う。

大都会です。

たまたまバスが一緒だった、
ナミビア在住の日本人の女性とタクシーをシェアさせてもらって、
予約しないとなかなか泊まれないほど人気の宿、
「カメレオンバックパッカーズ」へ。
テントがいっこだけ空いてるとのことで、ご宿泊決定。
ラッキー。

その後、ナミブ砂漠のツアーを探しにふらふらと街散策。

「最近、気が緩んでるから、しっかりしなきゃ!」
と思いすぎているせいか、危険な香りがしないでもないような???
車社会で、あんまり歩いている人がいないからかな???
とにかく、今日はびびりすぎていて、写真は撮れませんでしたー。

ほかの安宿にいったら、
明日出発の2泊3日ナミブ砂漠ツアーを発見!
2600ナミビアドルなり。

もう、帰国するって決めたから、さっさと行っちゃうもんね。
という雰囲気で、ツアー参加決定。

それにしても。。。
みなさまが、がっつり、日本経済を支えてくださってるおかげで、
日本円が強い!
そして、ドルが暴落しすぎ。。。
ドル建てのトラベラーズチェックが大量にあまってるけど、
日本円とのレートが違いすぎるので、まったくもって使えません。。。
どないしたもんかなー。

夜は宿で自炊。
今日のごはんも手抜きです。

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

帰ろうと決めた日。

朝起きて、朝ごはんを食べたり、またメールチェックをしたり、
優雅に過ごしていたら、もうバスを目指さなきゃいけない時間に!

スーツケースの取っ手が壊れちゃってるから、
修理しなきゃと思ってたのに、それも忘れてた。。。
無理やりころころさせようとするけど、やっぱり無理がある。。。
「ひもでしばればなんとかなるかも?」と思いつき、即席修理。

なんとかなった!

んー。快適。と思いながら、ころころ。

と、5分もしないうちに、今度は
ころころ(車輪)の片方がとれた。。。

重いじゃん、もう(怒)。

途中でばったり会った頼もしき日本人男性に荷物をもってもらい、
なんとかバス停までたどり着く。

トルコを出発して以来のゴージャスなバス!
うわー。こりゃ、快適だ!
しかも、ガラガラに空いてるので、隣の席も占領できる。
ころんと横になれる!

いやー。快適さをお金で買えるところまでたどりついたのね~。
と思っているうちに、ザンビア出国!

さて、ナミビア入国!

いきなり都会です。

国境の町なのに、いきなり都会です。

鉄筋コンクリートと思われる建物がたくさんあります。

国境の町なのに、こんなに都会なんて。。。

町からちょっと離れたら、
また普通のアフリカの風景に戻って、ちょっとほっとしたのでした。

どこかで降ろされたときにみた空。
DSCN2474_convert_20100922205704.jpg

夜はどんどん更けていき、
ゴージャスなバスではあるものの、
やっぱりやることは何もないので、とにかく寝る。

はっ。
と、いやな夢をみて目が覚める。

バックパックの鍵がこわされて、
貴重品やらを盗まれちゃう夢をみた。。。

しかも、ご丁寧に、なぜか1ドルだけが残されていて、
「これは、本気でケンカ売られてるな」と、かなり、ムカッとした。

あ。夢の話です。

たかだか夢の話だけど、この夢をみて、
日本に帰ることに決めました。

最近の私は、あきらかに気が緩んでる。。。
緊張感がまったくない。。。
時々、ぬぼーっとしすぎてる自分にはっとすることがある。

こりゃ、もう帰ろう。

と、突然思った。

ナミビアを10日間くらいかけて旅行しようかな、とか
レソトとスワジランドという小さい国もこの際旅行しようかな、とか、
マダガスカルってやっぱり行くべき? とか、
いろいろ思ってたけど、
帰ることにします。

そう決めたら、なんだかすっきりして、またすやすやと眠れました。

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

祝 ブログアップ完了!

今、宿泊しているフォーティタワーズのレセプション。
DSCN2469.jpg
ステキでしょ?

このレセプションがあるロビーが、一番ネットのスピードがはやい。
このソファーに陣取って、今日は一日ネットをするのです!
DSCN2472.jpg

こんなプールもあって、みんな遊んだりしてるけど、
今の私の眼中にはありません!
DSCN2470.jpg

いやー。
今日は本当にネットしかしなかった!

朝起きて、朝ごはんたべて、早速ネット。
お昼ごはんは、ファーストフードで済まして、かるく洗濯して、
それからまたネット。
夕飯は同じ部屋のオーストラリアの女の子と一緒に食べに行って、
帰ってきたらまたネット。

だって、明日にはナミビアにはいってしまうから、
そしたらまたいつ、ブログアップできるかわからんもん。

絶対に絶対に今日中に、ブログをリアルタイムまで追いつかせたかったんです。
そして、ミッションコンプリート!
やったね!

バックアップのために、
これまでの写真をネット上のサーバーにアップもさせたし、
いやー。充実、充実。

こんなことでザンビア旅行を終わらせていいのか?
という気がしないでもないけど、
ザンビア側からのヴィクトリアフォールズを見に行こう!
なんて気にさらさらならないし、しょうがないよね。

それにしても、この宿、
スタッフの感じがむちゃよくて、
みんながちゃんと私のことを名前で呼んでくれる。
キッチンも自由に使える。
お皿やおなべも、
デポジットは支払わなきゃいけないけど、
ちゃんと洗って返却すれば、全額返金される。
バスタオルも同じシステム。
それに、夕方5時までは、コーヒー紅茶が飲み放題!
何より、快適スピードのWiFiあり!
いやー、本当にステキ。

ザンビアではなぁんにもしてないけど、
この宿のおかげで、私のザンビアポイントはかなり高いです。

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

プロフィール

のがみ あきこ

Author:のがみ あきこ
女33歳。
会社を辞めて、アフリカに行くことにしました。
「この歳になって、いかがなものか!?」とも思うけど、
だってだって、アフリカに行きたいんだもーん。
旅行もしばらくしてないし、アフリカは初めてだし、
不安でいっぱい!
トルコから南アフリカまで、
どうにかこうにか旅行しようと思ってますが、
さてさて、どこまでいけることやら。。。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
応援してね♪
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。