スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハラレでお買い物♪

なんだか知らんが、6時前に目が覚めて寝れない。
昨日寝たのは2時頃だったのに。なんでだ?
ま、いっか。バスでいっぱい寝たからかな。
と思って、ごそごそしたく。

せっかく、部屋に洗面台がついてるので、洗濯してみたりする。
トイレもシャワーも共同なのに、
なぜか洗面台? 流し? だけついてる。
変なの。

さて、でかけるか!
とりあえず、朝ごはんを食べよう!
おなかすいたー!!!

はっ。そうか!
昨日、ろくなものを食べてないから、おなかがすいて目が覚めたんだ。
健康的だなー、私。

ファーストフード的なところで、
チキン&チップス&パンのセット3.5ドルを食べる。
あんまりおいしくない。残念。

LoadPortと呼ばれる国際バスターミナルへ行って、バスチェック。
次は、ビクトリアフォールに行きたいんだけど、
ビクトリアフォールは、ジンバブエ側とザンビア側からと両方みれる。
両方から見た人が、「別にどっちでもかわんないよ」と言ってたので、
どっちでもいい。

しかも、ザンビア側には、WiFiが無料な安宿があると聞いてるので、
絶対そこで、1ヶ月ほど遅れをとっているブログアップしたい!

だから、ザンビア側のリビングストン滞在は決定。
リビングストンからナミビアのヴィントフックまで、
直通高級国際バスが通ってると教えてもらったので、
そこは贅沢することも決定してる。

だから、リビングストンまでどうやっていくかが悩みどころ。
当初の案1
ハラレ(ジンバブエ首都)→ルサカ(ザンビアの首都)
→リビングストン(ビクトリアフォールズ見学)

ふと思いついた案2
ハラレ(ジンバブエ首都)→ビクトリアフォールズ(ジンバブエ側から見学)
→リビングストン(ビクトリアフォールズ見学)

案1はルサカでまたマーケットにいけるから買い物できる!
古着とか、もうちょっと買いたいしなー。
で、ルサカからリビングストンまでまたバスだから、
バスからの景色でザンビアを堪能できる。

案2は、ビクトリアフォールが両国側から見れるし、
ジンバブエ側には、
私ができれば見たいと思ってたでかい木(バオバブの木)が見れるっぽい。

んー。なやましい。

昨日降り立った、バスターミナルRoadPortまで歩く。
ビクトリアフォールズまで直通バスあり50ドルなり。
たかーい!!!

明日の朝7時30分発。

一応、ルサカまでの金額もきいてみる。
25ドルだって。

50ドルはちょっとびびる金額・・・。

とりあえず、ムバレのムシカマーケットにも行きたいし、
ムバレのバスターミナルもチェックしよう!

コンビと呼ばれるミニバス(5ランド)で行く。

バスターミナルに着くと、
「とりあえず、こっちにこい。」とみんながいう。
行くとどうでもいい話をするので、無視することにする。

女子にも、「友達になりたい」とかいきなり言われたりする。
ジンバブエは、歩いてると笑顔になれる。
でも、やっぱり、空気を読めないやつはどこにでもいて、
むっとすることもある。
っていうか日本人だけだよね、空気読むことに注力するの。
びば日本人! さすが、すべてにおいてクオリティの高い国だ!

で、結局、バスチケットは買えず・・・。

バスの中で買う仕組みらしく、
ここでは予約というシステムは存在しないらしい。
というか、KKとかTomsという会社が、
直通ビクトリアフォールズまでのバスがあるらしいんだけど、
そこの会社の人がバスターミナルにいないので、話ができない。
だから、周辺の人(売店の兄ちゃんとか)にうわさレベルできくしかない。
「たぶん、25ドルから30ドルの間だよ」だって。
「毎朝、5:30くらいにでてるよ」だって。
その時間、歩いてきても大丈夫かな?ときいたら、
「すりだか、強盗だかにアタックされるよ」だって。
地元のひとが言うんだから間違いないでしょ。

んー、ってことはタクシーか。
タクシー代払って30ドル払って。。。
だったらさっきの50ドルでもいいかなー。

なんて考えながら、ムシカマーケットへ。
バスターミナルの隣にありました。

まずは普通の市場をざっとみて、
そこからクラフトのマーケットへ。

おみやげによさそうなものを物色。
けっきょく、ブレスレットくらいかな。
あ。これいいかも。
と思うやつをまとめ買い。
1個1ドルから、けっきょく6個で1ドルくらいまでおちた。
12ドル分買った。
まとめ買いってステキ。

8個1ドルでいいから買って。というおばちゃん現る。
あんまりかわいくないから、んー。と思ったけど、
「おなかすいてるの。何か食べたいから買って」
と言われたので買う。ま、安いし。

その隣は、4個で1ドル。
「隣は8個で1ドルだったよ」というと、
「比べてみてよ。全然こっちのほうがスマートでしょ。」
と言われ、そうだね、と納得。
8個2ドル。
ふとみると、同じ店に、かわいいなべ敷が!
かわいいので、全部買うことにした。
6枚1セットで10セット購入27ドルなり。

で、お土産ものもかさばり始めたので、
ころころがついてるスーツケースを買うことに。
18ドルなり。

いやぁ、今日は豪勢にお金使ってるなぁ。
そもそも宿代が1泊25ドルだもんな。
ごはんも高いし。

コンビで降りるところを間違えたみたいで、ひたすら歩く。
途中、郵便局があったので、切手を購入。
ポストカードを探すが全然ない。
エチオピアもそうだったけど、
経済がだめな国って、本当にポストカードを探すのが大変。
エチオピア、けっきょくポストカード見つけられなかったし。
ジンバブエはビクトリアフォールズで間違いなく見つけられるとは思うけど。
ハラレからもだしたい!
うろうろするけど、結局見つからず。。。

ごはんは、
1ドルでサザ(ウガリ)+豚+野菜いためたのもついてる。
ゴージャス!

路上でかわいいピアス+ブレス+ネックレスのセット発見!
まとめがいするって言ってるのに、値段が1個1ドルから下がらない。
1個1ドル×17個
1個2ドル×6個
をなかば無理やり20ドルで購入。

「これ、日本で売るつもりでしょ? 23ドルちょうだいよ。」
といわれるが、
「20ドル20ドル20ドル♪」と歌い続けたら、
20ドルにしてくれた。

宿の近くのインターネットカフェへ。
本当はもっとネットしたかったけど、
暗くなってしまったので、あわてて退散。
だって、暗くなってからの一人歩きは絶対だめって。
そんなに危険な香りはしないけど、でも、小心者なんで。
暗くなった道を急ぎ足で歩く。
まだ地元の女性も一人で歩いているから、たぶん大丈夫だけど、
やっぱり、ちょーーーーーーーーっとだけ危険な気がしないでもない。
こわいこわい。とっとと帰ろう。

宿に帰ってから、さっきたべきれなかったごはんをたべ、
ミルクティをいれて飲む。

スーツケースに土産とうとういれたら満杯に。
これ、ルサカでまた買い物しちゃったらすごいことになっちゃうな、だめだな。
よし、明日はビクトリアフォールズへ直行だ!

宿の人に50ドルの話したら、
「高すぎるよ! ムバレから行くでしょ?」と。
でも、タクシー代とかだしたら、一緒じゃない?というが、
タクシー5ドルだよ。と。
なんか、ムバレからいくことが既成事実のように話が進むので、
その話に乗っかることにする。
タクシーをオーガナイズするといってくれるが、本当か?
ま、もしタクシーなかったら、
50ドルのほうで行ってもいいし、
ルサカ行ってもいいし、
ま、どっちでもいいや。
明日はとにかく5時にでれるようにだけはしておこうっと。
スポンサーサイト

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のがみ あきこ

Author:のがみ あきこ
女33歳。
会社を辞めて、アフリカに行くことにしました。
「この歳になって、いかがなものか!?」とも思うけど、
だってだって、アフリカに行きたいんだもーん。
旅行もしばらくしてないし、アフリカは初めてだし、
不安でいっぱい!
トルコから南アフリカまで、
どうにかこうにか旅行しようと思ってますが、
さてさて、どこまでいけることやら。。。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
応援してね♪
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。