スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モザンビーク通過

6:30発のバスだけど、バス乗り場もよくわからないし、
なんだか心配なので、5:40頃宿をでて、
6時前には、バス乗り場を確認。

モザンビークにはいっちゃうと、お金が違うから、
食べるものが買えなくなっちゃうかもしれないし、
宿代をドル払いにしたせいで、
マラウイマネーが適当に残っているので、非常食とか水を買いに行く。

このバスがハラレに行くよー! というバスが来た。
DSCN2345.jpg

自分の席をとってから、
荷物がちゃんと積み込まれるかどうか見守りにいく。

エチオピアで一緒にごはんをたべに行った黒さんが
ロスバケ(ロストバゲージ)したってきいて、
前よりももっと疑り深くなった。
やっぱりそういうことってあるんだな、って。
たぶん、悪意とかいうよりも、うっかり。

マラウイはあんまり危険なにおいはしないけど、
うっかりしそうな雰囲気があるからね。
そんなこんなで荷物の出し入れをずっと見守っていたけど。。。
なぁーんて雑で、
なぁーんてノープランなのかしら。

こんだけ人が乗るんだから、
最初っからきちっといれないと、
スペースが足りなくなることくらいわかりそうなもんなのに。

適当につみ始めて、
次から次へと荷物が増えるから、無理やり押し込もうとするんだけど、
やっぱりスペースが足りなくて、全部だして、
きっちり入れなおす。。。という作業を繰り返す。

7:15頃、やっと荷物がひと段落して、バスに乗り込む。
1時間未満の遅れなら、全然いいんじゃなぁい?

なんて思ってたら。。。
バス会社のお姉ちゃんが何か話し出した。

乗客からいっせいに「えー。」みたいながっかりヴォイスが。
なんだなんだ?

前の席のおっちゃんにきいたら、
このバスはパーミットがとれてないのと、
メカニカルプロブレムがあるから、バス変更だって。

はいー?

で、要領の悪い荷物の出し入れがまた始まる。
8:30過ぎ、やっと出発。
・・・と思ったら、ガソリンスタンドで給油。
はいはい。全然いいですよ。

「揚げた肉+チップス+キャベツ千切り+トマト+オニオン+塩」の
げきうまセットをまた買って食べる。やっぱりおいしいなー。

マラウイイミグレ到着!

全員がスタンプもらうのもかなり時間がかかるけど、
その後、バゲージチェックとバスの中のチェックと、
バスに乗り込む一人ひとりのパスポートチェックをやるので、
すんごいー時間がかかる。

全員乗り込んだのにまだ出発しないなー。と思ったら、
2年間オーバーステイした人がいたんだって。
その人待ってたら時間かかったって。

ふーん。

で、モザンビークイミグレへ!
ビザもらったよ。やったね!
 
①トルコ→②シリア→③レバノン→(シリア)→④ヨルダン→
⑤エジプト→(トルコ)→⑥エチオピア→⑦ソマリランド→⑧ジブチ→
(エチオピア)→⑨ケニア→⑩タンザニア→⑪マラウイ→⑫モザンビーク

おかげさまで12カ国目です!

モザンビークビザ27ドル。
なんだその中途半端な額?

なんだかんだでもう13時過ぎ。
でもまだ出発しない。。。

こりゃ、ハラレに着くのはそうとう遅くなるな。。。

みんなジンバブエのハラレに行く人たちなので、
モザンビークなんて通過するだけ。
なのに、なんでこんなに時間かかるの???
と不思議に思ってたんだけど、
イミグレでみんなお金払わされてるみたい。
「闇両替がだめだみたいなこと言われてふんたら」と言ってる。
よくわからんのぅ。

ようやく出発!

モザンビークの風景はそんなにマラウイと変わらない。
でも、工事の数がすごかった。
で、町に奥行きがあった。
で、橋に到着。
で、渋滞してるから何かと思ったら、まさかの一方通行!?
いやいや、ただの工事中一方通行でした。

モザンビーク通過中。
DSCN2353.jpg

途中、茂み的なところがあると、
バスは止まって、みんなでわらわらトイレに行く。
たぶん、マラウイ女性だと思うんだけど、
マラウイ女性は上手にたっしょんする。
マラウイにいるときに、女の子がたっしょんするのをみて、
器用なことするもんだなー、と思ってたけど、
大のオトナの女性もたっしょん。
衝撃の光景です。
普通のスタイルで用を足す女性も多いので、
たぶんあれはマラウイ女性限定かと。

17時にモザンビークのイミグレ着。
4時間、とおりすぎるためだけにビザ27ドルも払ったのね、
という気がしないでもない。

でもいいんだもーん。
スタンプほしかったんだもーん。


13カ国目 ジンバブエ入国!
ジンバブエビザ30ドル!
イミグレのおっちゃんは陽気ないい人だった。

ここでもまた、えっらい時間がかかる。
「マラウイはウォームハートオブアフリカ!」と話す
マラウイ出身ボツワナ在住の女の子クララに話しかけられて、
アドレス交換したりする。
クララは、マラウイで古着とかを買って、
ボツワナで売るという商売をしてる女の子。
ジンバブエ入国で、TAX的な意味合いで500USドル払ったって。
「出国するときに返金してもらえるって話だからいいんだけど、高すぎない?」
と。。。
クララ。。。たぶんそれ、返金されないと思うよ。。。

「昨日と今日でバスを3回乗り換えたよー。
マラウイってそんななの?」と聞いてみたら、
「今朝のバスチェンジはこいつの会社のせいだ」と運転手に話をふる。
運転手さんはおちゃめな人で、「おおー。」と頭をかかえた。
かわいい(笑)。
「日本ではないの?」と聞かれたので、
「ありえません!」と胸をはってご回答しときました。

やっと、全員分の入国手続きが終了し、バスが動き出す。

隣の席のタンザニア人のおっちゃんが
イミグレで賄賂で20ドル払ったって。
「ムスリムのでかい祭りの前だから、お金ほしいんだよ」って。
賄賂を払う理由は? って聞いたら、
やみ両替がどうのと言ってたけど、いまいちよくわからない。
「日本では賄賂ないの?」と逆に聞かれた。
「えらい政治家とかはありそうだけど、私たち一般人は絶対ないねぇ。」
と答えると、ふーん。って。
おっちゃんの会社では、
「日本人がやるように仕事しろ!」
って言われるんだって。

22時頃、ハラレのバスターミナルに到着。
ボツワナに行くという女の子はこのまま明日の朝まで待合室で待つと。
一緒に朝を待とうかとも思ったけど、
考えたら、明日一日使い物にならなくなるより、
今日ちゃんと寝たほうがいいな、と思ったので、
タクシーに乗って、宿に向かいます。

・・・というのも、このジンバブエのハラレ。
暗くなってからの一人歩きは、絶対にダメッと言われている町なのです。
地元の人がそういうんだから、間違いはないでしょ。

タクシー5ドル。
宿、なんと25ドル!
たかすぎる。。。

広くてきれいで、流しがついてるけど、バストイレは共同。
バスタオルもついてない。。。
んー。これで25ドルか。。。

ハラレはお買い物が楽しい町って聞いてたし、
3泊くらいしちゃおうかと思ってたけど、
こりゃ、2泊しかできないな。
スポンサーサイト

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のがみ あきこ

Author:のがみ あきこ
女33歳。
会社を辞めて、アフリカに行くことにしました。
「この歳になって、いかがなものか!?」とも思うけど、
だってだって、アフリカに行きたいんだもーん。
旅行もしばらくしてないし、アフリカは初めてだし、
不安でいっぱい!
トルコから南アフリカまで、
どうにかこうにか旅行しようと思ってますが、
さてさて、どこまでいけることやら。。。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
応援してね♪
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。